知識や経験がなくても資金があれば始められる

お金はあって独立したいけど、知識や経験がなくて踏み切れないと考えている方もいるでしょう。そういった方におすすめなのが、フランチャイズを活用した独立開業です。これは、企業が持っている独自のノウハウや、物流網を活用して活動をすることができるので、自分の経験不足を補うことが可能です。また、お店を有名企業の名前で営業できるので、集客が容易であるというメリットもあります。このように、フランチャイズは、メリットが大きい出店形式です。

フランチャイズ契約の注意点は

ただし、フランチャイズ形式は、メリットだけではありません。企業が長年培ってきた、独自のノウハウや物流網を利用できるため、それ相応の対価を支払う必要があるのです。いくら支払うかどうかは、フランチャイズ契約によって、売り上げの何割といった形で決められます。この企業側の取り分が大きいと、自分の収入も少なくなってしまうので、それがデメリットとなります。ただし、これは個別の契約で決められることなので、有利な契約を結ぶことができれば、デメリットも少なくなります。

契約は良く考えて締結しよう

前述のように、契約条件によって利益は大きく変わります。また、そのほかにも、フランチャイズ契約によって拘束される面も出てきます。そのため、契約を締結するにあたっては、これで利益が出るのか、長く続けられるのかといった点を、よく考えておくことが重要です。フランチャイズ形式は、良い面も多いため、これらの点で問題がなければ、有益ですし、利益を上げることが可能となります。したがって、活用できる場合は活用しそうでなければ自分で独立開業する、といったような選択をしておくことで、失敗を避けることができます。

代理店とは、特定の会社、メーカーの製品の販売や原料買付け等の業務を代理で行う事業形態のことを言い、契約に基づいてその報酬として所定の手数料を受け取ります。