オフィス移転をするには

現在オフィスの移転を検討していらっしゃる方はいらっしゃいますか?オフィスの移転は中々大変なものです。この記事ではオフィス移転の流れについて紹介していきます。まずオフィスを解約する際は、ビルのオーナーや管理会社に解約予告をする必要があります。ちなみに一般的には解約する半年から2ヶ月くらい前から解約予告をする人が多いですね。解約予告は義務づけられています。オフィスを移転する際は忘れないように心がけましょう。

希望条件の優先順位を決める

解約予告をしましたら、オフィスを明け渡す準備をし、移転先の規模やエリアを検討しましょう。ちなみに希望条件の優先順位を決めておくと迷ったときに立ち返りやすいのでおすすめですよ。周辺の環境やアクセスのしやすさなどを最優先にする人が多いですね。次は移転を希望する日を決め、同時にオフィス移転の際のスケジュールを作成します。また、オフィス移転にはインターネットや電話回線の移転など様々な庶務が必要となりますので、確認するのが望ましいです。

オフィス移転は面倒な事が多い

オフィス移転の手続きが済みましたら、実際に引っ越し作業を行います。オフィスの移転は面倒な事がかなり多いです。引っ越しをする2週間ほど前くらいから、準備をしておきましょう。オフィスを移転した後は、事業所所在地変更届や名称所在地変更届などの届け出が必要となります。届け出の期間が短いものもありますから注意しましょう。最後に旧オフィスの原状回復工事を行います。原状回復工事は契約書の条件に従って行ってください。

福岡市はの中心部はオフィスビルや商業ビルが建ち並び、企業の本社や支社も多くあります。それらに関連した賃貸事務所も多いことから、福岡の賃貸事務所は利用しやすい賃貸事務所がたくさんあります。